アメリカと支那共産党との戦争近し。


28 Jul

 アメリカの支那領事館閉鎖や支那に於けるアメリカ領事館閉鎖が起きている。アメリカは戦争準備していると思われる。また武器弾薬を大量に作っているらしい。アメリカは支那に於いて、最後通牒として、自由な選挙制度や香港の自由化を支那共産党に突き付けるだろう。今まで甘い汁を吸って来た支那共産党幹部はそんな事を受け入れる可能性は零と思われる。まずは支那のレーダーの破壊、支那共産党の建物の破壊が予想される。また南支那海、東支那海、台湾、尖閣諸島当たりでの武力衝突も予想される。南支那海では戦争直前まで行ったらしい。いざ戦争になったら、支那の反共産党勢力はアメリカを大歓迎し、支那共産党幹部や共産党軍の司令官も逃げ出し、短期間に決着するだろう。

 開戦予想は令和2年9月頃かと思われたが、10月かも知れない。ここを見ている日本人は準備しましょう。支那から出来るだけ早く帰国する事。9月までに帰国出来ない人は人質になるか、死を覚悟して下さい。元は紙くずになるだろう。ドルは上がるだろう。軍関係の株価は少しずつ上がると思うが、開戦数日後に下落だろう。金は激しく上下するだろう。

 支那から核ミサイルが日本に飛んで来るかも知れません。核ミサイルが直撃したら、死を覚悟して諦めて下さい。日本国憲法9条は糞の役にも立ちません。少し離れた場所に落下爆発したら、ヨウ化カリウムを服用して下さい。味噌を沢山摂取して下さい。ヨウ化カリウムは当院に準備してあります。日本に核ミサイルを支那共産党が落としたら、アメリカは三共ダムにトマホークミサイルを数発ぶち込むだろう。そうなれば、支那人数億人が死ぬだろう。

台湾、沖縄、尖閣諸島に一気に支那共産党が侵略してくるかも知れない。要注意。






コメント
* メールはウェブサイト上に公開されません。